top of page

『こんな事情があるんだよシリーズ8』~タカミのサービス!スペアの瓦を追加塗装~

少しずつ日中も涼しい日が増え、



あー過ごしやすい時期になったなぁ。



と思いきや、急に激寒フィーバーに突入するのだろうなぁ。



と、心地良い時期は過ぎ去るのがなんて早いのだろうか、、、






こんな事情シリーズももう8作目。




ブログを書くのも、気がついたらすごーーーく時間がかかっているなんてことはザラで、、、




きっと筆者にとって、記事を書く時間は、




心地いい時間なのでしょう。(はい。毎回記事作成に時間がかかりまくっていることについての言い訳終了!!笑)




さて、今までの現場シリーズは、



現場にはこんな事情がある



ということを、



どうかみなさんご理解をいただけませんか!




という(一部言い訳的な、、、汗)ことを目的にしていたのですが、





今回の現場シリーズは、初のプラス投稿!!








以前、弊社で屋根塗装をさせていただいたお客様のご自宅で、




台風の後に瓦が数枚飛んでしまう事故がおきました、(火災保険のご対応はもちろんしております!)




瓦のストックを数枚持っていらっしゃるお家でしたので、




そのストックで修理対応をしたのですが、、、





当然のことながら、




瓦の色が合わない。。。


 


そのご自宅は、よくある基準カラーでしたので、同じ色で塗装できたのですが、、、





こだわりのあるカラーだと、それだけのために調色したりすると




余計な費用がかかってしまい、現実的ではなかったりします。







そんなアフターフォローの現場についての現状を共有したところ、




現場の職人の思いやりから生まれた、おもてなし作業。





「ご自宅のストック瓦も一緒に塗りますサービス」





という、おもてなし作業。


(イケメンのくせにカメラを向けられ慣れておらず、つい変顔しちゃうハマ)






弊社は設立7年。実は2年目くらいから、この取り組みを行っていて、




先日の台風14号でも、この取り組みが活きた事例がありました。




対応の早さと共に、もしもの時のことを会社全体で共有していることに対して、



ありがとう!!



と気持ち良く言って頂けました。






塗装を含む、リフォームの現場は、



施主さんが住まれているまま施工を行うことがほとんど。



大変なこともあるのですが、当然いいこともあります!



その最たるものが、



施主さんから直接、「ありがとう!」



と言ってもらえること。









新築や大規模改善などの現場などは、



施主さんが住まれる前だから、



職人しかいない職場。



「指示通りに動くこと」が職人としての大切なことだ!



と思われがち。




しかし、



施主さんと距離が近い、リフォームという仕事において、



施主さんから直接、感謝の言葉を伝えていただける



というプレミアムな体験が、



タカミの職人技術を押し上げる要因になっていることを、



実感した取り組み事例でございました!!



こんなサービスをこれからもちょこちょこプチ自慢してまいります!!










季節の変わり目に弱い筆者は、ゴホゴホ言ってますが、、、



みんな元気に今日もごあんぜんに!!

コメント


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page