『こんな事情があるんだよシリーズ⑦』~足の裏焼ける!!屋根上の靴事情~ 




当然のことながら、職人の現場にも、さまざまな現場の苦労がございます。

「こんな事情があるんだよシリーズ」

では、現場の事情をお伝えし、



作業の「難しさや大変さを広く知っていただきたい」



目的とした内容となっております!



さて、今回は第7段!






『足の裏焼ける!!屋根上での靴事情!!』




がテーマでございます。



以前ブログで、夏場の屋根の表面温度が80度を超える。という情報をお伝えさせていただいたのですが、




今回はそれに関連する情報です。




屋根には当然、傾きがついていて、滑り止めが施されている専用の靴ではないと、簡単に滑ります。




長年に渡って吹き上がった砂や、劣化して風化した表面の細かなゴミが、




靴のグリップ力を奪い、




本当に注意して歩かないと普通にズルッと滑ります。




これまで塗装課の職人たちが履いていた靴はこちらでした。


日進ゴムさんの「たびぐつ」です。


画質が粗くて申し訳ないですが、足裏のゴム形状が特殊ですべりにくく、



建設現場のどんなシーンでもオールマイティに活躍してくれる



そんな便利な、「使える相棒」だったわけです。





屋根の上だけでは、真夏日に大問題が。




そう。屋根の上で5分もすると。この相棒。



「あぁぁぁああーーーーもうだめ!」



と言わんばかりに、



屋根の表面の熱を、直火で通し始めます。






現代まで、屋根の上で作業をしていた職人さんたちは、本当に苦労の絶えない日々であったでしょう。




しかし、そんな屋根の上での足裏事情(ニッチ中のニッチですが、職人にとっては死活問題)に朗報が。





2年ほど前に発見した、日進ゴムさんが新作。


その名も、



HiperV屋根プロ2 


こいつの登場によって、ついに終止符が打たれます。



足裏のグリップ力を高めた上に、熱くない!!



熱に強いので、ゴムが溶けにくい!!



という特徴(当社職人比w)を兼ね備えた、





まさに救世主!!





一時は売り切れて、ほしいサイズが手に入らないことや、



アマゾンでは1500円以上の価格差が生じていたりと、



いうくらいの品薄具合でしたが、




今は価格も安定しています。



それ以来、





ウチの靴はこれ一本!!




今日も複数現場の職人たちの命を載せて、




足裏も守ってくれています!!




ありがとう日進ゴム!!まさに日進月歩!!






Hiper屋根プロ3の発売を、心からお待ち申し上げております!!








いつも僕のブログをチェック(監査?)してくれている、




課長英光氏が、





ふぅー。今日もいいブログが書けたぜ。。。




と思っている筆者の後ろから声をかけてくる気がします。




「熱いのは足裏だけじゃないんですけどね??」

「足裏だけじゃないんですけどね??」

「だけじゃないんですけどね??」

「じゃないんですけどね??」




全国の職人さんたちに、もっと技術革新を!!



本日も、ごあんぜんに!!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square