『こんな事情があるんだよシリーズ④』~夏場の屋根作業~ 

どんなお仕事にも、「一般の人にはなかなか想像しにくい現場の苦労」というものがあると思います。


当然のことながら、職人の現場にも、さまざまな現場の苦労がございます。

「こんな事情があるんだよシリーズ」
では、現場の事情をお伝えし、


作業の「難しさや大変さを広く知っていただきたい」を


目的とした内容となっております!




いやぁ、、、スマホの進化が著しく、



スマホから毎朝アラーム代わりに好きな音楽が鳴り、



それを止めると、今日の気温、スケジュール、ニュースを語り出してくれる。。。




ほんと、自分にはもったいないくらいの秘書官です。




そんな彼(彼女?)が日々教えてくれる、「今日の気温」。


今日の最高気温は、、、から始まる数値が、



24,25、26,27、、、と日々上がってゆく様を感じ、、、




今年も来たか。アッツイ季節が!!



と日々感じる毎日ですが、




到来を感じるだけでは済まないのが、職人の世界。












暑い、、、いや、熱いわぁーーーーーーーーーーーーーーーー!!








という感情と戦う日々になるのです。






というのも、夏場ともなると、屋根の表面温度は80度を超えるくらいまで上昇します。




立ち上がって来る熱気、遮るもののない直射日光のダブルパンチで、



上半身は、約50度の空間にさらされることになります。



もうホントに熱く(誤字ではありません。アツイの漢字はこちらでいきます汗)、



僕みたいな素人が屋根の上へ上がると、15分とそこにいられません。



いるだけで汗が吹き出す環境の中、



中腰で作業を続け、



しかもダメ押しの、




板金作業。





板金とは、屋根のこちらの部分で、






もちろん金属ですので、




温度上昇に容赦がありません。




本気で目玉焼きが焼ける、




完全無欠の熱さです












そんな夏場。職人はみんな飲み物を自分で用意するも、水はすぐ温水に変わり、



凍らせて持ってきても、お昼までしかもちません。




弊社は昨年から、真夏日の現金支給制度をスタートし、






毎朝1000円を各職人に現金支給し、



現場近くのコンビニや自販機で、



自由に水分補給ができるようにしています。





今回は、屋根上での作業にまつわる、




夏場のこんな事情があるんだよシリーズをお送りいたしました!!




体調管理に気を付けながら、弊社だけでなく全国の職人さん方も、




ご安全に!!(職人の世界の挨拶です)



特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square