激闘!新築現場 ~いざ上等、あ間違えた、いざ上棟式!~



上等じゃぁあーーー!!






いやぁ、ついつい出ちゃいました。



昔のイケイケ時代のなごりが。



「ジョウトウ」という音を聞くと、



ついつい変換はこうなってしまいますわ。ほんと。




ふぅ。血がたぎっちゃったぜ。




(実は筆者は、殴り合いのケンカなど一度もしたことのないヘタレです。。。)


(イケイケ時代なんて、かけらもございません。)


(初めて取った免許は原付です。すみません。)





・・・。



はい。気を取り直して、


正式な変換はこうです。



「上棟式」



職人的には、「棟上げの作業前の神事だな」という解釈をされ、



建て方という、基礎の上に木を組み上げて、立体的な骨組みを組んでいく作業に入ることを意味します。



棟とは、屋根の一番上にある、横に寝かせる部分のことで、



それを上げていくための作業。ということで「上棟」です。

(「棟上げ」や「建て前」という表現をすることもあります。)



上棟式は、



事故が無く、天候にも恵まれ、無事に建物が立ちますように



という願いを込めて行います。



施主さんにもご参加いただくことはあるものの、




最近は現場の人間で作業前に行うことも多くなっているそうです。(ウチもそうです。)



挨拶から始まり、4方の通し柱がくる部分と、中央にお酒とお塩をささげ、手を合わせます。



「無事に施工を終えられますように。」お手てをパンパン!









昔は、目に見えないモノ、証明されていないモノは、人智が及ばないからこそ、



「ほんなら、目に見えない神様に守ってもらおう」



という観点から、神仏崇拝はとても大事にされてきました。




しかし現代は、科学は進歩しまくり、原因分析も究明も進み、道具も進化してきたからこそ、



「神様に祈る前に、人間でも出来ることが増えちゃった」



わけです。




でもでも、祈りの大切さが無くなったわけぢゃあない!!



神様に祈ることで、気持ちに作用することもたくさんあるはず!!



「科学は現代の神」



と言われて久しいですが、




「いやいや神様は現代でも神ですから!!」




という意見を、社説として掲げて活動しようと思います。



気持ち、精神、魂、これらは大切に。




想いは細部に宿る。神様も!!




ということで、


棟上げ作業に精をだしていきまっしょい!!





今日も皆様、ごあんぜんに!!


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square