【室内 土間打ち工事】O法人様



ようやく少しずつ、暑さがやわらいできましたね。。。


職人さん達も、少しほっとしているかのように見えますが、、、


どちらにしても外の仕事は、天候に左右されますね。。。かなり精度は上がったと思いますが、更なる天気予報の精度向上を期待して、、、



今日は室内の土間打ち工事です!!




少し前の現場ですが、「室内に土間ってどうやるの?」と言う声が聞こえてきそうな(どこからも聞いた覚えはありませんがw)現場なので、写真と共に解説!!



はい。ひとことで申し上げまして、



外の土間打ちと何ら変わりません。


墨を引き(ライン出し)、カッターで既存の床を一部剥がし、ブロックを設置、天端を綺麗に仕上げ、枠内にクラッシャーラン(土間コンクリートの下地になるもの)を敷き、ワイヤーメッシュを設置。

さぁこれであとはコンクリートを流していきます。


コンクリートは、この道具で、始めはならしていきます。

奥の道具は一体なにに使うのかというと、、、


見切れて見えにくいですが、手でもちあげ、表面をパンパン叩いていきます。

ケーキ作りで、生地を型に流し込んだあと、トントンしますよね。

要はアレです。

建物を持ち上げてトントン出来ないので、表面を少しずつトントンするのです。

ケーキの逆トントン作業。

これを叩きと呼び、

そのあと表面を金コテで押さえていきます。

途中経過がこちら

ここからさらにきっちり押さえていくことで、滑らかな表面の仕上がりになるのです。

ちなみにこの作業、ほぼ全て1人で行っています。

我が社の職人は強者です。えっへん!!

仕上がりがこちら。


勾配もきちんととり、手前に水が流れるようにきちんと傾斜がついています。

仕上がりにお客様も大満足!!

今後も引き続き、O法人様、よろしくお願いいたします!!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square