修行のまいにち ~スキマをあけすぎたオオスギくん~

読んでくださっている方が増えて、うれしさ反面、更新にプレッシャーを感じる反面の、


今日この頃でございます。



でも、反面とか言いながら、



実はうれしさ98%くらい。



もっと読んでくれる人が増えたらうれしい今日この頃でした。





さて、今日はずっとご紹介したかったスタッフ。



大工課 見習い オオスギくんのお話。





弊社は次のステージを見据えて、昨年から部や課といった社内の体制整備をはじめました。



その一環で新設された大工課、




そこへ、応募してくれたのが、今回のオオスギくん。




実は今年の3月に高校を卒業したばかりの、





新卒ホヤホヤなのです。






社会人の荒波に揉まれるため、



大海原に小舟でこぎ出したものの、



まだ浅瀬の海域で、



バシャバシャ一生懸命漕いでいる、



大工1年生のオオスギくん。



そんなカワイイ存在の、彼のエピソードを、どんなカタチでお伝えしようかと考えた結果、



手紙形式でお届けすることにしました。




その名も、



勝手に近況を手紙につづっちゃったよシリーズ。

(絶対にシリーズものにはならない事うけ合い)





フィクションとも言えず、ノンフィクションとも言いきれない、





セミフィクションでお届けしようと思います。









~拝啓 読者のみなさま~




高校を卒業して、今年の4月から、僕は社会人になりました。




先輩はみんな優しい人ばっかりで、




とくに大工課の課長の、




師匠 中一さんは、尊敬できる人です。




そして、さらに尊敬できる人は、



面接をしてくれた部長(筆者)なんですよ。



入社してからほとんど話すことが無くて、



実は少しさみしいと思っています。

(この部分はノンフィクションです。…ってうことにしたい…書いてて悲しくなってきた、、、)




さて、今日は僕の奮闘ぶりをみなさんに知っていただきたくて、




写真と一緒につづろうと思います。




働きはじめて3か月目。まだまだ、まだまだ日々勉強です。







師匠の中一さんは、積極的に「やってみろ!」と言ってくださる方で、




働き始めた初日から、



道具を握らせてくれます。




そして、丁寧に教えてくれたら、




「どーんとやってみ!」と、




オロオロしてしまう背中を押してくれた上で、





作業に向かわせてくれます。





経験を積んでいるなぁ、と自分でも感じながら、




ついこの前までの高校生活との、





日々のギャップに、まだ慣れている途中です。





毎日の作業はやっぱり疲れて、




ついつい休憩中は、こんな感じになっちゃいます。








まだ修行中の僕は、




やっぱり上手くできないことも多くて、




こんな仕上がりになってしまう事もあるんです。





(ボードとボードのスキマが開きすぎてしまいました。。。)






そんな時は、みんなが入っている、全体のグループラインに







こんな風に晒されます。w




そして、スキマがあきすぎたボードを張ったまま、




「これでいいだろう」と勝手にオッケーと思ってしまい、






「このスキマ、どうすればいいですか?」





という質問ができなくて、工程に穴をあけそうになったことが、



今の僕の反省点です。




もっともっと職人としての腕と、社会人としてのスキル磨いて、これからも頑張り続けます!!







~追伸~


僕が張ったボードのスキマを見て、



僕のなまえは、



オオスギくんから、アキスギくんになりました。



オオスギに戻れるように、



精進します。僕は元気です。








・・・感動的な手紙になりました。w



書いてて、これ全部ホントのことだったら、イジメじゃね??と思いましたが、



会社の仲間はみんな、彼のことを大切に思っています。




※スタッフのみんなへ、くれぐれもアキスギくん、と呼ばないように!!(マジで)

※手紙は筆者の創作ですから。汗


これからもがんばってな!!期待の星シオン!!



特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square