こんな事情があるんだよシリーズ① 〜岡山の屋根塗装の現場から〜

塗装って、一般の方のイメージだと、

ローラーでバッチャバチャ塗りまくればいいんでしょ?それだけでしょ?

って、そんなイメージないですか??

何を隠そう、僕も塗装のことを知る前はそんなイメージを抱いてましたから。←職人さんに殴られそう。汗

今日は「こんな事情があるんだよシリーズ① 〜岡山の屋根塗装の現場から〜」です。

勝手にシリーズものを始める癖が僕にはあります。

そして勝手に終わらせるか、、、

シリーズといいつつ1作で終わるか、、、

みたいな癖もありますが、、、

そんな書き手の癖も今後お楽しみください。w

話を戻します。汗

どんなお仕事にも、「一般の人にはなかなか想像しにくい現場の苦労」というものがあると思います。

「こんな事情があるんだよシリーズ」

では、現場の事情をお伝えし、作業の「難しさ認知の向上」を目的とした内容となっております。

そんな第一弾。今回は屋根塗装の現場から。


ちょっと特殊な形状の屋根。

こちら、何が苦労なのかというと、

目地が多い!!ということ。

目地(めぢ)とは、部材と部材の間にある「スキマ」のこと。

塗装は、基本的にローラーを使って行いますが、、、

この目地、、、

ローラーでコロコロするだけでは、、、

塗料が入らんのです!!

ですので、ローラーをちっちゃなハケに持ち替えて、、、

全ての目地を1ライン1ライン丁寧に塗るのです。


作業が思うように進まないことに加え、

この猛暑。。。



ここからさらにローラー塗装




そしてさらに上塗り







猛暑の中でも、特殊な形状にも対応して、このクオリティで仕上げてくれる職人さんには。

頭が下がります。。。

仕事なんだから当然。職人なんだから、仕上がり第一で考えるのは当然。

職人魂の根底にある、この考え方。

見習いたいものです。




もう一度仕上がりデデン!!



特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square