【見積後編 水回り】中古マンションリノベーション M様邸

引き続き打合せお見積もり編です!


前編での、「一部解体しながらの見積もり」で分かったことをもう少し紹介します!


リノベーションを検討されていらっしゃる方、ぜひ参考にしてください!!





お客様の希望を叶えるために、クリアしなければならない大きな課題は以下の3点。



①躯体(コンクリートの柱・梁)に穴をあけることができず、頭が当たるほどの高さで排気ダクトがむき出しになってしまうこと。


②台所の位置を変更することで、排水パイプの高低差が大きくなり、その分キッチンを高くしないといけないこと。


③お風呂を大きくするため、もともとの位置に設置することができず、図面を変更しなければならないこと。




タカミが見積もりを取らせていただくことで、発覚した水回りの大きな変更点はこの3点でした。



リノベーションを検討しているお客様にとって大切なことは、こういうポイントが



解体しなければ絶対にわからない。



ということです。




そしてこれらの点は、キッチンやお風呂などの、設備選びに大きな影響を及ぼすことになるのです。


リノベーションの良いところは、キッチンやお風呂、洗面台やトイレは、お客様の足で各メーカーに出向いてもらい、好きな設備を選べるところ。


しかし、細かい仕様の打合せを各メーカーと何度も行うことは、お客様の休日を何日もつぶすことになります。当初から気を付けなければならないポイントが分かっていれば、設備メーカーとの打ち合わせの回数も大きく短縮、発注ミスのリスクも大きく減少させられることに繋がります。



この打合せで、「お宅に工事は任せる」とお客様にご指名いただくことになりました。



うれしい申し出であったと同時に、気持ちがキュッと引き締まって




次回、【解体編】に続きます!!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square